ウェザーニューズ、ライバルは自分?

気象情報の無料アプリ充実も、有料会員停滞

ウェザーニューズの無料天気予報アプリ「ウェザーニュースタッチ」

民間で最大の気象情報提供会社、ウェザーニューズの業績が足踏みしている。

この5月末で決算期末を迎えた前2013年5月期は、売上高、営業利益とも会社予想に届かず、特に営業利益は8期ぶりに減益となったもようだ。

足踏みの要因は2つ。まずは主力の海運会社向け航海気象情報提供が、顧客都合によって後ろにずれていることだ。航海気象情報とは、気象に合わせて最適航路を選択するために使われるもの。燃費の向上につながるため、海運不況はむしろ好機ともいえる。ただ、新しいサービスを入れるには顧客側にもそれなりの準備が必要であり、ここで遅れが生じている。

もう一つは個人向け気象情報提供における有料会員の伸び悩み。この1年で無料会員は約100万人増えて800万人となったが、有料会員は160万人を越えられないでいる。

海運会社向けは今期に遅れて売り上げが立つだけの話であり、6月からスタートした今2014年5月期は増益路線に復帰する。となると問題は、個人の有料会員の停滞だ。

ガラケーからスマホへの転換に手こずる

世界的に見ても天気好きと言われる日本人。にもかかわらず、有料会員が増えない理由の一つはガラケーからスマホへの転換だ。

次ページ無料アプリが充実しすぎ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT