KDDIもO2Oに本腰!商業施設で実験

南町田の「グランベリーモール」で2アプリを実証

KDDIが提供する専用アプリ「すなっぴん」。店頭のおすすめ商品が紹介されている

サイトや広告、アプリなど、インターネット上で集客し、実際に店舗での商品購入につなげる――。ネット(オンライン)と現実社会(オフライン)の相互連携により、ビジネスを活性化しようとする「O2O」(オンライン・ツー・オフライン)。最近注目を集めるキーワードの取り組みが、また一つ広がりそうだ。

KDDIと大日本印刷、三井物産、イッツ・コミュニケーションズは共同で、モール型ショッピングセンター「グランベリーモール」(東急田園都市線南町田駅に直結 東急モールズデベロップメント<MD>運営)におけるO2Oサービスの実証実験(5月13日から6月27日まで)を開始した。

 おすすめ商品をスナップ写真で紹介

「すなっぴん」(上写真)の画面をタップすると、商品のお勧めコメントをはじめ、クーポンなど店舗の情報を確認できる

実験は2つの専用アプリを用いている。一つ目は「すなっぴん」(KDDI提供)。各店舗が新入荷やおすすめ商品などの情報を、スナップ写真形式で紹介するアプリだ。ショップが配信するクーポンをチェックしたり、モール内の店の場所を確認したりできる。

もうひとつが「くーぴん」(大日本印刷提供)だ。こちらはWi-Fiの位置情報を活用しており、ユーザーが近くに立ち寄ると、エリア内のクーポンが自動的にスマホに届く。アプリはアイフォーン(iPhone)などのアップル端末、アンドロイド端末どちらでも利用可能だ。もちろん、KDDI以外のユーザーも利用できる。あえて2つのアプリを用意したのは「プッシュ型とそうでないアプリを用いることで、顧客の購買行動にどのような変化がみられるのかを検証する目的がある」(大日本印刷の林典彦CB事業開発室長)という。

次ページ実際の実験に参加している店は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。