開業2年目「北陸新幹線」、沿線駅の明と闇

駅前と市街地が競合する地域も

一方、上越市は今年9月、2015年9月に実施した新幹線に関する市民アンケートの結果を公表した。人口約20万人の同市で8015人に調査票を配布するという大規模調査で、45.7%に当たる3661人から回答を得た。整備新幹線の沿線で、新幹線利用者を対象にしたアンケートを実施した自治体は珍しくないが、地元市民全体を対象に大規模調査を実施した自治体は、筆者が知る限り前例がない。

アンケートによると、開業から半年の時点で、回答者の8割近くが上越妙高駅に足を運んでいた。目的は「乗車」が最多で、訪問者の5割強が、すでに新幹線を利用していた。また、駅舎の見学やイベント参加が目的の人も多かった。回答者のうち、半数近くが、開業によって「上越市を紹介しやすくなった」と答え、同じく3割が「上越市に愛着や誇りを持てるようになった」と感じていた。

ただ、首都圏や長野県、北陸との心理的距離が縮まったと感じた人が5~6割に上る一方、在来線特急の廃止の影響か、新潟市や長岡市など県内の下越・中越地方との心理的距離が遠くなったと感じた人も2割ほどいた。

同市は「平成の大合併」で、全国最多の14市町村が合併して現在の姿になり、面積は東京23区の1.5倍もある。広大な市域で、上越妙高駅への距離も一様ではないが、駅に近いほど新幹線開業への評価が高い。

市は総体として「全市域において開業効果が表れている」と位置付けている。ただ、調査時点では、市民の間にも地域の変容や将来像について、必ずしも明確なイメージが描けておらず、上越妙高駅の遠さ、第三セクター化した並行在来線のダイヤなどに対する不満や不安もうかがえる。いずれにせよ、地域の将来デザインを考える上で、基礎的なデータが存在すること自体が、非常に重要な意義を持つだろう。

富山駅前の変化は一段落

富山駅前で始まった軽トラ販売

今年3月以来の訪問となった富山市は駅前の整備が一段落し、落ち着きを取り戻していた。正面口には駐車場や飲食店がオープンし、近隣の農家が軽トラックで野菜を販売する光景も。駅前ではビル工事が進んでいた。

同市で注目されるのは、コンパクトシティ政策と連携する形で市が実施している「マルチハビテーション(多地域居住)」支援事業だ。富山県外の居住者が、市中心部に住宅を新築したり購入したりする場合、1件につき25万円を助成する。2014年の制度開始以降、7件の利用があったという。新幹線開業で多地域居住がどう進展するのか、目が離せない。

富山駅の隣駅、新高岡駅(富山県高岡市)付近も、1年ぶりに訪れてみると景観が大きく変わっていた。南口には2017年1月にオープン予定のビジネスホテルの姿が。近隣では全国チェーンの居酒屋や、地元資本の美容室の建設も進んでいた。

次ページ高岡は在来線駅周辺にも動き
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。