「管理職がつらい」人に伝えたい4つのこと

33歳コールセンターSVさんよりご相談

3.チームメンバーを知る

リーダーの仕事は人の管理をすることです。そのためには、チームメンバー一人ひとりの個性を知らなければいけません。

つまりは、その人がいちばん何を大切にしているかを知る、ということです。

家庭が大事、お子さんが大事という方は、仕事の優先順位がやはり下がります。これは悪いことではなくその人の個性です。また、完璧主義の人がいるならば、その人はほかのチームメンバーのミスも許さないでしょう。

こういった一人ひとりの個性を見て、何がこの人にとって許しがたいのか、そして何が好きなのかを見ていってください。そのためには、一人ひとりとランチを取ったり、個人的な話をしていくことが大切になるでしょう。

4.準備をする

今まで無手無策のまま毎日オフィスに行っていたというのならば、

全裸で道を歩いていたようなもの……

捕まります。

何が起こるか想定して、どうすればいいか考えてみてください。あなたが考える完璧になるための準備をしてみてください。予想できることが起きたときは、この準備が役に立ちます。

しかし、100回練習をして準備をしても、予想できないことは必ず起きます。この予想できないことが起きたときでも、積み重ねてきた準備と練習が、何とかなるさと軽い気持ちにさせてくれるかと思います。

自分自身であるために

ずんずんさんの近著。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

縮こまって何もできないと毎日うつうつと考えることほど、時間を無駄にしていることはありません。プレーヤーに戻って、生きていくのもいいと思います。しかし、どんな仕事も最後は人が関わってきます。

せっかくチャンスをもらったのですから、誰になんと言われようとも、みっともないと思われても、自分自身であるために粘り強く頑張ってみる。退職を会社側に告げる前に、少しだけ考えてみてはどうでしょうか。

といったところで今日は失礼します☆

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。