キンコン西野氏「肩書は、今すぐ捨てなさい」

炎上の先に見えた、「シゴトの未来」とは?

――過去の時代を生きてこられた方からは、仕事は辛いものという前提で、「社会人になったら甘くないんだ」とか、そういう発言をよく耳にしますが……。

お父さん世代に説明しても、もう何十年もそれでずっときたから、説得することは難しいですよね。お父さん世代はほどほどに無視して、次の世代の若い人たちに、過去の常識を、もう押しつけないことが大事だと思います。

辛い仕事はロボットに奪われちゃうから、辛い思いをしたくても、もうできなくなってしまうんですよね。「好きなことでしか生きていけない」時代が間違いなくやってきます。

――私たちが当たり前に使っているインターネットも、情報流通にかかるコストを取り払う、ロボットのようなものですよね。

「好きなことでしか生きていけない」時代が間違いなくやってきます

そうですね。Facebookとか、SNSを使うようになってからやっぱり「この仕事はもうなくなるな」とか、「これ、いらんな」っていうものが結構出てきたんですよ。

たとえば、絵画を展示するギャラリーは、アーティストよりも宣伝力がない場合、もう終わると思います。ギャラリーが代わりに売ってくれる場所で、代わりに宣伝してくれる場所だったから、昔はブースターとして機能していたんです。だから、自分の売り上げの中から「いくらかはお渡しします」っていうことは、すごく辻褄が合っている感じがした。

でも、最近はホームページで、「キングコング西野が個展をする」っていう文章をギャラリーさんが上げても、誰も見ていない。そこで、ギャラリーさんから僕のところに連絡があって、「このホームページの記事をシェアしてください」と言われたんですよ。それで「あれ?おかしいぞ。なんか、僕がギャラリーの宣伝しちゃっている」と思って。

いや、それだったら、照明さえあればハコなんて別にどこでもいいですから。こっちのほうが宣伝力出ちゃったなと思ったら、相変わらず昔と同じルールで「絵の売り上げの何%をいただきます」っていうのは、もう通用しないですよね。芸能事務所も同じかもしれない。それもね、壊したのはSNSですよ。

遅かれ早かれ「職業」や「肩書」は、なくなる

――「影響力を持つ個人」の時代が来てしまった。

はい。個人がギャラリーを選ぶし、個人が事務所を選ぶ。だから、こんなことを言うとすごく角(かど)が立つし、また怒られるんですけど。もうギャラリーとか事務所が、「影響力を持つ個人」を干すことはできなくなった。逆に、個人の側が、事務所やギャラリーを干すことはできる。完全に逆転しちゃった。

で、当たり前ですけどお客さんも1回事務所やギャラリーを介すより、もう個人のファンなんだから、個人のメディアであるSNSのほうに行ったほうがいい。だから、間に入る人から通用しなくなって、いなくなっちゃうだろうな、と。まあ、すべてかどうかはわからないですけど、究極的な話、遅かれ早かれ、「職業」や「肩書」は、もうなくなる。

テレビの深夜番組のノリではあったんですけど、僕も「お笑い芸人」から「絵本作家」に肩書を変えて、さらには「パインアメの特命配布主任」と、肩書をコロコロ変えてみたんですけど、まず「肩書を越境してもいいよ」っていう空気感をつくっておかなきゃやばいと思ったんですよね。なぜなら、すべての職業には寿命があるし、ここからかなりのスピードでいろんな職業ごとなくなっていくから。

次ページ肩書にこだわることはやばい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT