「パートタイム社会貢献」という働き方

新世代リーダー Living in Peace代表 慎泰俊

NPOに参加しなくても社会貢献はできる

ビジネスパーソンの新しい働き方・生き方の参考になるのではと思い、一例としてLIPの活動についてご紹介してきました。しかしながら、「皆さんもぜひパートタイム社会貢献活動に取り組みましょう」「現代のビジネスパーソンたる者、こうした活動の1つくらいしておくべきです」という考えはありません。

最近、社会起業家やNPO活動に取り組むビジネスパーソンが脚光を浴びることが多いようですが、私にはピンとこないところがあります。こうした活動は「高尚」とか「正義」という文脈で捉えられることもあるようですが、こういった考え方は危ういと思います。絶対的な正義というものは存在しないし、それが声高に叫ばれるのは、その社会が若干不安定になっている兆候である可能性があります。

本業もそうですが、やりたいからやっているのです。私はスポーツも好きですし、バンドもやっています。それらは全部、自分のやりたいこと。そのなかの1つとして、社会貢献活動があるというだけです。私にとっては、誰かのために何かをするというのは自然なことなのです。自分たちの活動で、発展途上国でビジネスを始める人が増え、施設の子どもたちを助けられる。その人数が増えれば増えるほどうれしい。それだけのことで、そこに絶対的な正義という感覚はないのです。

そもそも「人のために何かをする」というのは、少なくない人々にとってごく普通の、自然な行為です。電車でお年寄りに席を譲っても、それをわざわざ、「これが社会貢献だ」とはいいませんよね。それと同じで、何か特別なことをしよう、新しい活動をしよう、という考えは持たないほうがいいと思うのです。

たとえば、自分の身近にいる誰かに、自分にできる形で寄り添う。これだって、立派な社会貢献だと思います。わざわざNPOに参加しなくてもいいのです。

私は今、児童養護施設出身で、高校を中退した子のサポートをしています。学校を中退すると施設を出ていかなくてはならないのですが、そうなるとアルバイトも見つからず、生活は非常に大変になります。たまたま彼が私に連絡してきたときは、月に3万円しか手取りがないという状態でした。もともと勉強するつもりのない子だったのですが、話を続けるうちに気が変わって、高等学校卒業程度認定試験を受け、今は大学をめざしています。

そんなふうに、誰か1人であっても、自分のアクションがきっかけで何かが変わっていくのだとしたら、自分という人間が生きた意味としては、十分じゃないか。人1人分は良いことができたのだから。私はそう思います。

(構成:東雄介、撮影:尾形文繁)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT