勉強前の「単純作業」で集中力は大きく変わる

勉強モードに入りにくい子に教えたい

では、どのようにすれば、その仕掛けができるかというと、「ルーチン」を作ってしまうといいでしょう。

ルーチンとは、決まり切った日常の作業のことを示す言葉で使われたりしますが、「決まり切った手続きや手順、動作(ルーチン)」を作ることで集中モードに入るスポーツ選手の型として使われることも最近多いですね。

このルーチンという発想はたまたま、私が中学生の頃、藤井さんのお子さんと同じように、家に帰ってきていきなり勉強する気になれないことから生まれました。当時、私はスケジュール表も作っていましたが、学校から帰ってきていきなり勉強などできません。マンガを読んだりすると、完全遊びモードに心が出来上がってしまいます。

勉強モードに入るための「ルーチン」

石田先生の近著。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
10月29日に横浜で石田先生の無料講演会があります。

それでも勉強しなければいけないから、勉強をやろうと思いますが、なかなか勉強モードに入れません。そこでやったことが、「漢字の練習」なのです。この「漢字の練習」が私にとっての「ルーチン」だったのです。

漢字の練習は、私にとっては勉強とまでは言えない、遊びモードと勉強モードの中間のような“グラデーション”の位置付けにあるものでした。面白いことに、この漢字の練習を15分ぐらいやると、勉強のモードに切り替わるから不思議です。これはちょうど、写経をやって心を落ち着かせるような感覚だったのかもしれません。それが終わると、数学や英語、宿題などへとスムーズに入っていけたことを覚えています。

このような経験があったため、なかなか勉強する気になれない生徒には、この「漢字練習」を始めの第一歩として勧めました。この効果があまりにも大きかったので、私は、今では勉強の集中モードに入るためのルーチンは「漢字練習がいい」と言っています。できれば、あまり頭を使わずに、短い時間で終わるもの、それが漢字だったのです。

もちろん、すべての子どもが、漢字がルーチンになるとは限らないことでしょう。数字が好きであれば、計算練習がルーチンになるかもしれませんし、本が好きな子であれば、読書かもしれません(学校で行う朝読書にはこのような効果もあるようです)。要するに、勉強モードに入るために、毎日できるルーチンとは何か?ということを考えてみるといいでしょう。

以上、2つのお話をしました。勉強モードに入れなければ、入れる環境を作るか、入れるルーチンを作るか、ということです。お子さんの様子も見ながら、この点を参考にしてみてはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT