あのピーター・ティールがトランプ氏に寄付

すでに支持は表明、寄付は今回が初めて

 10月16日、シリコンバレーで起業家兼投資家として大きな影響力を持つピーター・ティール氏が米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の陣営に125万ドルを寄付すると、ティール氏の広報担当者が明らかにした。写真は7月、オハイオ州クリーブランドでの共和党全国大会でスピーチするティール氏(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - シリコンバレーで起業家兼投資家として大きな影響力を持つピーター・ティール氏が米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の陣営に125万ドルを寄付すると、ティール氏の広報担当者が16日明らかにした。

同氏は今年に入り、トランプ候補を支持すると表明していたが、陣営への寄付は今回が初めて。

広報担当によると、ティール氏は民主党候補ヒラリー・クリントン氏の陣営に寄付を行ったことはない。

ティール氏はオンライン決済サービスの米ペイパル<PYPL.O>の共同創業者。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。