あのピーター・ティールがトランプ氏に寄付

すでに支持は表明、寄付は今回が初めて

 10月16日、シリコンバレーで起業家兼投資家として大きな影響力を持つピーター・ティール氏が米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の陣営に125万ドルを寄付すると、ティール氏の広報担当者が明らかにした。写真は7月、オハイオ州クリーブランドでの共和党全国大会でスピーチするティール氏(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - シリコンバレーで起業家兼投資家として大きな影響力を持つピーター・ティール氏が米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の陣営に125万ドルを寄付すると、ティール氏の広報担当者が16日明らかにした。

同氏は今年に入り、トランプ候補を支持すると表明していたが、陣営への寄付は今回が初めて。

広報担当によると、ティール氏は民主党候補ヒラリー・クリントン氏の陣営に寄付を行ったことはない。

ティール氏はオンライン決済サービスの米ペイパル<PYPL.O>の共同創業者。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT