地方なら農業とソーラー大家を両立できる

太陽光発電は本当に儲かるのか(中)

かつての資源エネルギー庁「太陽光発電の新たな買取制度について」によると、導入費用は「1kWあたり55万円」が目安だった。つまり、太陽光発電システム導入にかかる費用を算出する時に、ひとつの基準を「1kW55万円」と決めていた。実はこの目安は単に国の補助金から逆算したものであった。従って太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)から給付される補助金は、今もシステムの導入価格が1kWあたり55万円以下に限り、交付されることになっているのだ。

価格が劇的に下落した理由は中国サンテックの倒産

昔(1993年当時)の太陽光発電システム導入費用は、1kWあたり370万円もしたものだ。だが、太陽光発電システムの技術革新の結果、導入費用は年々減少していった。それにあわせ、補助金交付の条件と上限価格も低下していった結果、2010年度は65万円以下、2011年は60万円以下となり、今や55万円以下で導入費用が交付されることになったのだ。そのコストが、いまや何と30万円近くまで安くなってきている。安倍内閣の誕生以来、円安が25%も進み、全ての輸入価格は高くなっているにもかかわらず、だ。

ソーラーパネルの輸入価格だけはまだ低下傾向だ。最大の理由は中国の過剰生産により、同国のサンテック社が米国のアンチダンピング税制(AD)に引っかかり、ついに倒産の憂き目にあったことだ。これで中国のソーラー業界の在庫が積み上がり、安値廉売が唯一ソーラーブームに沸き立つ日本市場に向ってきたのだ。数年前なら2ドル/kWもしたシリコン系のモジュールが今や0.7~0.8/kWまで値下がりしている。昔はジャパンプレミアムが公然と存在し、何でも対日輸出価格は国際価格よりも割高だった。ところが事情は激変しつつある。

次ページサンテック社倒産で、安く手に入るようになったパネル
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT