iPhone7のシャッター音を完全に消す裏技

これはバグ?あの大きすぎる音が消せる!

iPhone 7、7 Plusは、スピーカーがステレオになり、音量がアップしている。動画を見たり、音楽を聴いたりする場合はメリットになる機能強化だが、そのまま写真を撮影する際のシャッター音まで大きくなってしまったのは、残念なポイント。日本の携帯電話は事業者の自主規制として撮影時の音は消せないようになっているが、ここまで音が大きいと、静かな場所で撮影する際にマナー違反になってしまう。電車内でスクリーンショットを取りたいときにも、周囲の目が気になってしまう。

3.カメラのシャッター音をオフに

ただし、iOS 10には、このシャッター音を消せる“裏技”が存在する。現時点の最新バージョンであるiOS 10.0.2まで消えずに残っているが、おそらくはソフトウエアのバグによるもの。今後なくなってしまうおそれもあるが、利便性が高いため、ここで紹介しておきたい。

「AssistiveTouch」をオンにすると、画面上に写真のようなボタンが現れる。なお、このボタンは、スクリーンショットには写らない

通常、iPhoneをマナーモードにする際は、本体側面にあるスイッチを切り替える。ただし、この方法だと、マナーモード時でもシャッター音が鳴る仕様になっている。バグが発生するのは、「アクセシビリティ」から消音にしたときだ。アクセシビリティの中には「AssistiveTouch」と呼ばれる機能が存在する。通常、これは障害のあるユーザーなどが利用するためのものだ。これをオンにすると、画面上に黒い四角形に囲まれた白丸のボタンアイコンが現れる。

AssistiveTouchには複数の機能を割り当てられるが、「消音」だけにしておくとワンタッチで操作ができてスムーズ

このAssistiveTouchのボタンアイコンに、消音を割り当ててみよう。まずは「最上位メニューをカスタマイズ・・・」をクリック。すると6つのアイコンが現われる。このうち、「カスタム」をクリックすると、「消音」という項目がみつかるはずだ。ここをクリックしてから右上の「完了」を押すと、カスタムの部分に消音が割り当てられる。

AssistiveTouchには複数の機能を割り当てられるが、「6個のアイコン」の右側にあるマイナス記号をクリックしていくと、機能を「消音」だけに絞ることができる。こうしておくと、画面上にあるボタンアイコンを押した時点で即座に消音になり、タッチの操作を減らすことができて効率がいい。

ちなみに、AssistiveTouchのボタンが常時出ているのは邪魔というときは、ホームボタンのトリプルクリックからこの機能を呼び出せるようにしておくことをオススメしたい。このようにしておくと、使うときだけ即座にAssistiveTouchを呼び出すことができ、便利だ。

なお、当然ながら、シャッター音が消えても、盗撮に使うのは絶対にNG。本稿も、そのような使い方を推奨するものではないことは、念のため付け加えておきたい。悪用が増えると、さらなる規制につながるおそれもあるため、モラルを持って使うようにしたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。