トランプ氏の「ヒラリーの夫」攻撃は酷すぎる

女性有権者が次々にレッドカード

 10月10日、ドナルド・トランプ氏は、女性について自身がわいせつな発言をしているビデオテープが公開されたことについて、「ロッカールームでの話」と一蹴したが、そのような態度にロイターがインタビューした女性有権者の多くは懸念を示した。写真は8日深夜以降にSNS上に投稿された謝罪するトランプ氏の動画から。同氏提供(2016年 ロイター/Donald J. Trump via Reuters/Handout)

[ワシントン/ニューヨーク 10日 ロイター] - ドナルド・トランプ氏は、女性について自身がわいせつな発言をしているビデオテープが公開されたことについて、「ロッカールームでの話」と一蹴したが、エスター・ロッサーさん(71)のむかつきを和らげるためには、ほとんど役に立たなかった。

これまで共和党候補に投票し続けてきたが・・・

「彼(トランプ氏)は謝罪したし、謝ることしかできないのは分かっているが、もっと何か言うことがあっただろう」と、バージニア州在住で孫のいるロッサーさんは話す。

ロッサーさんは生涯、共和党に票を投じてきたが、米大統領選の共和党候補トランプ氏のライバルである民主党のヒラリー・クリントン候補を支持することをこの週末に決めたという。

「彼は私たち女性を見下した」

ロッサーさんが抱く懸念は、ロイターがインタビューした20人以上の女性有権者が示した感情の多くに同調するものだ。こうした女性たちは9月時点で、11月8日の投票日にどちらの候補に票を入れるか決めていなかった。

米大統領選候補による討論会の翌日10日に電話で実施したこの非公式調査では、多くの女性がトランプ氏のわいせつ発言に愕然(がくぜん)としたと語った。2005年に撮影されたビデオのなかでトランプ氏は、同意なく女性にキスしたり触れたりできると自慢していた。同ビデオは7日、ワシントン・ポスト紙がウェブサイトで公開した。

次ページビル・クリントンを攻撃するのがおかしい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT