トランプ氏の「ヒラリーの夫」攻撃は酷すぎる

女性有権者が次々にレッドカード

アーカンソー州ノース・リトルロック在住のパツィー・ベネワイズさん(58)は、ビル・クリントン氏が10年近く同州知事を務めていた間、同氏に票を入れたことは一度もなかった。だが11月8日の大統領選投票日には、ヒラリー氏に入れるという。

ベネワイズさんはトランプ氏について、「大統領選をままごとにしてしまった」と話した。

中立派も

一方、ロイターが取材した、まだどちらの候補に投票するか決めていない女性有権者の全員が、トランプ氏に反感を抱いていたわけではない。

ミズーリ州カンザスシティーでチューターをしているエイミー・フリゼルカさん(37)は、トランプ氏の発言は「ひどい」が、同氏の私生活が大統領としての統治の仕方に影響するとは思わないと語る。クリントン氏は欺瞞(ぎまん)に満ちているので、トランプ氏の方に傾いているという。

「どちらの候補にも投票したくない」とフリゼルカさんは話す。

ミシガン州スターリングハイツに住むジェーン・シモンズさん(78)も、クリントン氏、トランプ氏のどちらにも投票しない方がいいと話す。トランプ氏のわいせつ発言が明らかとなる数時間前に、シモンズさんは郵送票を受け取った。同氏の発言を受け、クリントン氏を支持することを考えているという。

「10年前のことではあるが、このことはこの男がどんな人間かを表している。とても変わったとは思えない」とシモンズさん。「良心があるとは思えない」

冒頭に登場したバージニア州在住のロッサーさんがクリントン氏に投票することを決断したのは、14歳の孫娘からトランプ氏がなぜあのようなことを言ったのかと聞かれたときだった。

「子どもにとって良い手本ではない」と、ロッサーさんは語った。

(Ginger Gibson記者、Grant Smith記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。