メガバンク、「国債離れ」じわり

三井住友、アベノミクスで“方向転換"

実際に、三井住友FGにおける3月末の債券の保有残高は約24.5兆円となり、昨年9月末と比べて約6%減った。三菱UFJFG(3月末の国債の保有残高は約48兆円)、みずほFG(同・約30兆円)が、わずかながら増やしたのとは対照的だ。

一方で三井住友FGの株式の保有残高は同33.5%増えている。

「政権交代が予想されたころから運用スタンスを変えた。一言で言えばデフレからインフレ・ポートフォリオへの切り替え」と同社幹部は説明する。国債運用に代わって増やしているのは、株式のインデックス投資や為替デリバティブ、外債などという。「もはや国債投資だけに安住することはできない」(同)。

貸し出しは増えるか、銀行の“本分”問われる

アベノミクスの影響が強まる中で、今後は三井住友FGだけでなく、残りの2メガでも「国債離れ」が加速しそうだ。収益面からみて、金利上昇局面が続けば、国債の売却で利益を上げることが難しくなる。3メガは今2014年3月期については、そろって減益を予想する。その主な理由は、国債売却益の大幅な縮小だ。

次の焦点は、余ったお金をリスク資産の運用だけでなく、企業への貸し出し増加につなげられるかどうかだろう。特にポイントは国内融資の拡大だ。

三井住友FGの宮田社長は「設備投資など国内の資金需要ははかばかしくない」と話す。その中でいかに企業ニーズを掘り起こせるか。銀行の本分が問われる局面でもある。

(撮影:今井 康一)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。