上昇か低下か、長期金利は大きく振れる

市場動向を読む(債券・金利)

その結果、国内銀行の国債ポートフォリオは、2014年末の時点では現状からほぼ半減しているはずである。しかし、当然のことながら、0.5%や0.8%といった歴史的に見れば低い利回りではあっても、銀行はこれまで国債を収益資産として保有してきたわけである。それを日銀に売却して0.1%の付利が得られるだけの当座預金に資金を積み上げるインセンティブが、銀行には果たしてあるのだろうか?

金利が低すぎて日銀に国債を売るケース

銀行が日銀に国債を売却するインセンティブは2つあると考えられる。

一つは、長期金利が十分に低下して、リスク対比での債券の期待リターンが下がり過ぎてしまうことである。リスク・リターンのバランスから、債券を保有せずに0.1%の当座預金を保有している方が合理的だと判断される場合、銀行は積極的に日銀に国債を売却するだろう。

そういった金利水準がどの程度であるのかは明示的に言いにくいが、少なくとも4月以降の動きを見るかぎり、10年債で0.6~0.8%といった水準では、銀行は国債ポートフォリオを大幅に削減してゆくことはなさそうである。このインセンティブによって銀行の日銀への国債売却が進むためには、長期金利はもっと低下する必要があるだろう。

次ページ270兆円まで積み上げる日銀計画はナローパス
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。