「安く買い叩かれる物件」を間取り図で見抜け

「売りたいときに売れない」リスクを回避せよ

おわかりになっただろうか? 正解は、上がリフォームしやすく、下がリフォームしにくい間取りといえる。

水回りと階段の位置をチェック!

リフォームしやすさのポイントは2つ。「水回り」と「階段」の位置をチェックすることだ。

水回りの移動には、上下水道の配管をいじる必要があり、費用もかかるほか、専門的な知識も必要となる。中途半端なレベルのリフォーム業者に依頼すると、大きなトラブルに発展することが多い。水回りは1カ所にまとまっていたほうが、リフォームの自由度が増すといえる。

また、階段の位置を変えるのも、構造的な変更が求められ、かなり現実的ではない。最近、高齢化に対応するために階段幅や廊下幅を広げる工事が多いが、こちらも大きな構造的変更が起こる場合が多く、とても大変であることは間違いない。

高齢化に対応するためのリフォームを考えるなら、玄関からすぐにリビングとなるなど、敬遠されがちな間取りだとしても、先ほどの上の間取りのように、玄関と階段の距離が近く、ホールにもゆとりがあり、水回りもひとつのフロアーに配置されていることが望ましい。このような間取りは、とてもリフォームに適した間取りといえる。

4回にわたって、マイホーム購入にありがちな「落とし穴」について解説してきた。

消費税増税を控え、アベノミクスで景気が上向いてきたこともあり、不動産市場はにわかに活況を呈している。このような状況だからこそ、読者にはぜひ一度冷静になり、落とし穴を回避していただきたい。本連載、および拙著『不動産広告を読め』が読者の一助となれば、筆者としてこれほど喜ばしいことはない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT