「安く買い叩かれる物件」を間取り図で見抜け

「売りたいときに売れない」リスクを回避せよ

【ミッション2】リフォームしにくい間取りを見分けろ!

現状に合わせて物件を作り替えるのが、リフォームだ。ここまで説明してきた「可変性」とは、結局、「リフォームのしやすさ」といえる。

「リフォームを行った際に困ったことは何か?」という質問に対し、いちばん」多い答えが「見積もりよりも料金がかさんでしまった」だ。リフォームの際には、とにかく料金に関する問題が多い。あなたがマイホームを売りに出す際のメリットとして、新築より価格が安いことが挙げられるのだが、リフォームに多額を要するようでは、そのメリットも半減してしまう。結局、大幅な値引きを余儀なくされてしまうのだ。

では、下の2つの間取りでは、どちらがリフォームしやすいだろうか? たとえ購入時にはリフォームの予定がなかったとしても、リフォームしやすい間取りは、そうでない間取りと比べて売却時の値下がりが抑えられるため、非常に重要な問題だ。

次ページ水回りと階段の位置をチェック!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。