女子フィギュア、浅田真央は今季初戦2位に

フィンランディア杯

 10月7日、フィギュアスケートのフィンランディア杯女子フリー、SP2位の浅田真央は121.29点をマークし、合計186.16点で2位となった(2016年 ロイター/Lehtikuva/Roni Rekomaa)

[7日 ロイター] - フィギュアスケートのフィンランディア杯は7日、フィンランドのエスポーで女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の浅田真央は121.29点をマークし、合計186.16点で2位となった。

フリーで1位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が187.27点で優勝。SP首位だったアンナ・ポゴリラヤ(ロシア)がフリーでは3位となり、182.80点で3位となった。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。