浅田真央がSP2位発進、フィンランディア杯

ダブルアクセルを選択して成功

 10月6日、フィギュアスケートのフィンランディア杯は、フィンランドのエスポーで女子ショートプログラムを行い、浅田真央は64.87点の2位だった(写真:Newspix24/アフロ)

[6日 ロイター] - フィギュアスケートのフィンランディア杯は6日、フィンランドのエスポーで女子ショートプログラム(SP)を行い、浅田真央は64.87点の2位だった。

浅田は冒頭のジャンプでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)ではなく、ダブルアクセルを選択して成功し、その後の連続ジャンプやスピン、ステップも目立ったミスなくまとめた。

アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が69.50点でトップに立ち、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が3位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。