浅田真央がSP2位発進、フィンランディア杯

ダブルアクセルを選択して成功

 10月6日、フィギュアスケートのフィンランディア杯は、フィンランドのエスポーで女子ショートプログラムを行い、浅田真央は64.87点の2位だった(写真:Newspix24/アフロ)

[6日 ロイター] - フィギュアスケートのフィンランディア杯は6日、フィンランドのエスポーで女子ショートプログラム(SP)を行い、浅田真央は64.87点の2位だった。

浅田は冒頭のジャンプでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)ではなく、ダブルアクセルを選択して成功し、その後の連続ジャンプやスピン、ステップも目立ったミスなくまとめた。

アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)が69.50点でトップに立ち、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が3位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT