7割が変化!Hulu人気動画トップ20

劇場公開の映画関連作が躍進

主人公の大胆な行動は爽快感あふれる© NTV

2位には『家売るオンナ』が先月に続いてランクイン。東京オリンピックを4年後に控え、熾烈な住宅売買競争が繰り広げられている東京を舞台に、不動産屋のスーパー営業ウーマンの活躍を描いている。

主人公の三軒家万智 (さんげんや まち)は「私に売れない家はない」と豪語。常識に縛られない生き方で、会社で浮いていても本人はお構いなしだ。

 アニメ「君の名は。」の新海誠監督の旧作も人気

ドラマの「見逃し視聴」のニーズは高い© NTV

先月トップだった『そして、誰もいなくなった』は3位に。主人公の「藤堂新一(とうどうしんいち)は、順調そのものの人生を送っていたが、ある日、同姓同名の男に人生を丸ごと乗っ取られてしまう。突如現れた偽者に加えて、次々と押し寄せる不可解な事件の数々。信頼していた仲間にも裏切られ、絶望的な状況の中で見えない敵に立ち向かうストーリーだ。

そのほかにも、人気映画シリーズの『バイオハザードⅤ リトリビューション』やバラエティ『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』が上位にランクイン。アニメ映画『君の名は。』が大ヒット中の新海誠監督が手掛けた『秒速5センチメートル』も人気が急上昇した。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。