アルファロメオ「高性能4WDセダン」の実力

4ドア「ジュリア」に新仕様が追加設定

 

その名にふさわしい、高性能が期待できる

9月22日の段階で配布されたプレスリリース第1報では、パフォーマンスに関する記述は見られないのだが、4気筒ジュリアのガソリンターボ版が8段AT仕様で0-100km/h加速6.6秒、最高速230km/hを標榜していることから、ヴェローチェにはその名に相応しい、さらなる高性能が期待できるものと思われる。

エクステリアもまた、スタンダードとクアドリフォリオの中間的なもので、クアドリフォリオと同じくダークグレーにペイントされたアロイホイールは19インチが標準。またクアドリフォリオに近い雰囲気を漂わせる専用の前後バンパースポイラーや大径ツインエキゾーストパイプで、アルファロメオらしいスポーティなアピアランスを得ている。

このアルファロメオ新型ジュリア ヴェローチェは、現在開催中のパリ・サロンにてワールドプレミア。ヴェローチェ追加を機に設定された新ボディカラー「ブル・ミサーノ」と「グリージョ・シルバーストーン」をまとった2台が展示されている。

しかし我々日本のファンにとっては、まずは既にデビュー済みのクアドリフォリオおよびスタンダード版ジュリアの一日も早い国内正規導入を期待したい、というのが正直な気持ちである。

(文:武田公実)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT