アルファロメオ「高性能4WDセダン」の実力

4ドア「ジュリア」に新仕様が追加設定

十余年ぶりに復活のグレード

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

アルファオ ロメオは新型スポーツセダン「ジュリア」に、スタンダードの4気筒モデルとトップモデルのクアドリフォリオの中間に位置するグレード「ジュリア ヴェローチェ」を追加。パリサロンで披露した。

「ヴェローチェ(Veloce)」とは「速い」を意味するイタリア語。そしてアルファ ロメオ愛好家の間では、高性能モデルを示すグレード名ないしは車名として認知されてきた。しかし、2004年末をもって「GTV」の生産が終了して以来、長らくその名跡は途絶えていたのだが、このほど十余年ぶりに復活することとなった。

かつての伝統に従って、新型ジュリアの高性能バージョンとして設定される「ヴェローチェ」は、スタンダードの4気筒モデルと、もはやモンスターセダンとも言うべき「クアドリフォリオ」の間に開いた巨大なギャップを埋めるモデル。スタンダード版ジュリアをベースとし、2リッター4気筒ガソリンターボおよび2.2リッター4気筒ディーゼルターボの双方に設定される。

ようやく欧州でのデリバリーが始まったジュリアのスタンダード版は、ディーゼルターボが150ps仕様と180ps仕様の2種類。ガソリンターボは200psを発生する。そして別格とも言うべきトップモデルのクアドリフォリオが、2.9リッターV6ツインターボで510psを発生するのに対して、新型ジュリア ヴェローチェのガソリンターボは最高出力280ps/最大トルク400Nm、そしてディーゼルターボは最高出力210ps/最大トルク470Nmをマークする。

この増大したパワー/トルクに対応して、駆動は「クアドリフォリオ」と同じくフルタイム4WD「Q4」システムの最新世代を採用。トランスミッションは、スタンダード版に設定される6段MTは少なくとも現時点では用意されず、パドルによるシフト操作も可能な8段ATのみとされる。

次ページ動画で見るアルファ ロメオ ジュリア ヴェローチェ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT