日経平均は1万6000円台以上が視野に

下値も1万4000円前後で限定か?

安倍政権の成長戦略を注意深く見守る外国人投資家

もう一つ興味深い比較がある。ニューヨークダウと日経平均株価の数値比較だ。5月9日のNYダウの終値は1万5082ドル62セントだ。かたや日経平均は1万5000円手前だが、数値がほぼ拮抗してきた。相場初心者ならびっくりしてしまう話だが、2007年の日経平均の高値の時には日経平均が1万8200~1万8300円であり、ダウは1万4200ドル台だった。つまり、日経平均のほうが4000程度上回っていたのである。両者を比較すると、今の勢いは明らかに日経平均のほうにあり、今後、1万6000前後で日経平均が上回ってきそうなイメージもある、というわけだ。

もちろん、今後も右肩上がりの相場が保証されているわけではない。今後の大きな注目点は、6月に全貌が明らかになる、政府の成長戦略だ。現在は、市場がバイオ分野など断片的に伝わっている情報をはやしている状態だ。本当のところはふたを開けてみないとわからない。

外国人投資家を中心に、市場の期待値は以前よりも高くなっており、中身が市場の期待を下回ると、失望売りを招く可能性もある。

それでも、「4月4日の日銀の大規模量的緩和を境に、日本は変わった」(有力ヘッジファンド)という安心感が、市場に横溢しており、下値は限定的との空気が支配的だ。この雰囲気がどこまで続くのかは、わからない。

(撮影:尾形文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT