日経平均は1万6000円台以上が視野に

下値も1万4000円前後で限定か?

いったい、日経平均株価はどこまで上昇するのか――。「押し目待ちに押し目なし」という相場格言があるが、いまの日本株はまさにそんな状況だ。5月9日午後のニューヨーク外国為替市場では、米国の好調な労働関係の指標(新規失業保険申請件数)を受け、一気にドル高が進み、ついに4年1か月ぶりに1ドル=100円台を突破(ドルの高値は100円79銭)。これを受け、10日の東京市場では、一気に101円台まで円安が進んだ。

円安を好感する形で、10日の日経平均株価は年初来高値を更新、一時1万4636円81銭をつけた。結局、終値では1万4607円54銭と、前日比416円06銭高で取引を終えた。終値ベースでは、5年4カ月ぶりの1万4600円台回復だ。

2つの指標で見る日経平均の今後

当面の日経平均株価の上値、下値メドをどう見ればいいのだろうか。立花証券の平野憲一顧問の見方を参考に、代表的な2つの指標で見てみよう。

次ページ2つの指標で見る日経平均の今後
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。