日経平均は1万6000円台以上が視野に

下値も1万4000円前後で限定か?

いったい、日経平均株価はどこまで上昇するのか――。「押し目待ちに押し目なし」という相場格言があるが、いまの日本株はまさにそんな状況だ。5月9日午後のニューヨーク外国為替市場では、米国の好調な労働関係の指標(新規失業保険申請件数)を受け、一気にドル高が進み、ついに4年1か月ぶりに1ドル=100円台を突破(ドルの高値は100円79銭)。これを受け、10日の東京市場では、一気に101円台まで円安が進んだ。

円安を好感する形で、10日の日経平均株価は年初来高値を更新、一時1万4636円81銭をつけた。結局、終値では1万4607円54銭と、前日比416円06銭高で取引を終えた。終値ベースでは、5年4カ月ぶりの1万4600円台回復だ。

2つの指標で見る日経平均の今後

当面の日経平均株価の上値、下値メドをどう見ればいいのだろうか。立花証券の平野憲一顧問の見方を参考に、代表的な2つの指標で見てみよう。

次ページ2つの指標で見る日経平均の今後
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT