コーヒー豆はウイスキー樽で進化を遂げる

エンジニアが発見した新しい味わい

クーパーズ・カスクが作り出すコーヒー豆。単一産地の豆にウィスキー樽のアロマが加わる(写真提供:Cooper’s Cask Coffee)

生産者支援団体であるコーヒー品質協会(CQI)のトリシュ・ロスギブ氏が2002年、女性の社会進出などを背景にコーヒー界にも「第三の波(サードウェーブ)」が来たと評した時、朝の一杯には、品質、熟練度、持続可能性、個性、複雑さ、そしてすぐに飲めるという要素が加わった。

手作業で淹れたコーヒーはこれで、素晴らしいワインやクラフトビール、職人が焼いたパンと並ぶ地位を獲得した。

さて、コーヒーは、もうちょっとだけ進んだようだ。

「樽づくりの職人」にちなんで命名

米東部ロードアイランド州生まれの新興企業クーパーズ・カスク・コーヒーは、ウィスキーを入れる木製の樽(カスク)と、何世紀にもわたって活躍した樽づくり職人(クーパーズ)にちなんで名付けられた。

この会社の職人は単一産地のコーヒー豆を慎重に混ぜ合わせ、ウィスキーづくりに使われた樽に貯蔵することで「サードウェーブ(第三の波)」にふさわしいコーヒーを作り出す。

豆は樽から出され焙煎された後、日付と職人の署名が記された袋に手作業で詰められる。職人のジェイソン・マラニョンとジョン・スペイツの2人は、ウイスキーと豆に関するテイスティングノートを慎重に並べる。ウィスキー樽がそのアロマを豆に伝えることにより、きらめくようで、複雑で、示唆に富んだコーヒーを作り出す。

次ページウィスキー樽貯蔵の効果とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT