コーヒー豆はウイスキー樽で進化を遂げる

エンジニアが発見した新しい味わい

たとえば、スマトラ島産の豆のテイスティングノートには、樹木と大地の匂いに加え、タバコや熟した南国フルーツの香りがかすかに感じられる、と記されている。米国流の頑固なウィスキーである「サンズ・オブ・リバティ」(このウィスキーは、2016年ワールド・ウイスキー・アワード金賞など幾多の賞に輝いた)が醸す甘さが豆の香りを引き立て、忘れられない一杯となる。

次にエチオビア産の豆は、桃やイチゴ、ハチミツやチョコレートを連想させる香りが人気だ。ライ麦ベースのウィスキーを醸造した樽に詰められたことで、少しだけフルーティーさのある甘さを放っている。

3つ目に、ルワンダ産の豆はラム酒の樽に貯蔵されることで、シロップや焦がした砂糖、焼けたトーストのような香りを醸し出す。

エンジニア2人が創業

創業者のジョン・スペイツ(左)と、ジェイソン・マラニョン(右)(Courtesy of Cooper’s Cask Coffe)

クーパーズ・カスクは2015年、コンピューター会社のエンジニアだったマラニョンとスペイツが共同で設立した。彼らはもともと、コーヒーにこだわりがあったわけではなかった。マラニョンは「最初は事務所の『変な匂いのする』のコーヒーだって飲んでいたよ。クリームと砂糖を入れて、口に合うようにしていたけど」と語る。

しかし、その時、彼は自己流のコーヒーを作ってみよう、とひらめいた。「まず、ストーブの上のフライパンで豆を焙り始めて、煙探知機を反応させた」と振り返る。「そして、ポップコーン製造機を改造してみた。いまでは商業用ロースターを改造したわけだ。エンジニアとして、僕はいつも新しいものを作りたがっていた。クラフトコーヒーも単に、その創造性の延長だよ」。

2人は当時の仕事をこなしながら、クーパーズ・カスクの設立構想を練り続けた。マラニョンは「(小規模醸造所で職人が作る)クラフトビールがビールの大メーカーを打ち負かしたような革命を、コーヒーでも成し遂げたいと思った」という。

彼らはコーヒーを飲む人々も勇気づける。「ちょっとだけ、幸せに逃げてみよう」という呪文がパッケージに記されている。コーヒーをただの朝の燃料としか考えていない人も、一部にはいるかもしれない。だが、コーヒーを飲んで1日の始まりや午後の仕切り直しを彩ろうというクーパーズ・カスク流の考え方は、大胆かつ官能的で、真の目覚めを誘うものだ。

(敬称略)

執筆: Emily Contois (Zester Daily/Reuters)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT