(第4回)利益を生むコンバージェンスのための7原則(後編)

池末成明

組織のコンバージェンスを中心に(2)

 「利益を生むコンバージェンスのための7原則」の中でもっとも重要な原則は、「コンバージェンスは、それに関わる当事者全員にメリットをもたらす必要がある」という原則であり、とりわけ組織のコンバージェンスを成功させるために常に念頭におくべき原則です。
 コンバージェンスの成功のためには、関係当事者が十分かつ公平なメリットを享受することが必要です。製品やサービスの開発や販売で、一企業だけが突出すると、下請関係の強化になります。また、他業界を一方的に利用するだけのビジネスモデルは、いずれ破綻してしまう可能性もあります。

R&D
2006年に世界の各社のR&D費用は1兆ドルにまで達し、一企業単独では対処できない規模になっていくでしょう(TMT Trends Predictions 2006 A focus on the technology sector)。

<画像クリックで拡大>
 最先端のコンバージェンス型の製品やサービスのR&Dは、必要とする技術領域が広いので、特定の企業が有する技術や人材だけでは対応できないでしょうし、また、放送や通信などの基本的な技術はますます高度化し、企業は政府系研究機関や学術機関とコラボレートしてR&Dに取り組むと思われます。
企業だけではなく、各研究機関は、対象となるテーマ全体のR&Dの状況のマッピングを行い、どの組織とコラボレートすべきか検討をし、このとき、その成果をどう配分するかお互いに理解を深めながら、計画を策定する必要があるでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT