(第4回)利益を生むコンバージェンスのための7原則(後編)

池末成明

組織のコンバージェンスを中心に(2)

 「利益を生むコンバージェンスのための7原則」の中でもっとも重要な原則は、「コンバージェンスは、それに関わる当事者全員にメリットをもたらす必要がある」という原則であり、とりわけ組織のコンバージェンスを成功させるために常に念頭におくべき原則です。
 コンバージェンスの成功のためには、関係当事者が十分かつ公平なメリットを享受することが必要です。製品やサービスの開発や販売で、一企業だけが突出すると、下請関係の強化になります。また、他業界を一方的に利用するだけのビジネスモデルは、いずれ破綻してしまう可能性もあります。

R&D
2006年に世界の各社のR&D費用は1兆ドルにまで達し、一企業単独では対処できない規模になっていくでしょう(TMT Trends Predictions 2006 A focus on the technology sector)。

<画像クリックで拡大>
 最先端のコンバージェンス型の製品やサービスのR&Dは、必要とする技術領域が広いので、特定の企業が有する技術や人材だけでは対応できないでしょうし、また、放送や通信などの基本的な技術はますます高度化し、企業は政府系研究機関や学術機関とコラボレートしてR&Dに取り組むと思われます。
企業だけではなく、各研究機関は、対象となるテーマ全体のR&Dの状況のマッピングを行い、どの組織とコラボレートすべきか検討をし、このとき、その成果をどう配分するかお互いに理解を深めながら、計画を策定する必要があるでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。