(第1回)コンバージェンスとは

 

池末成明


通信と放送の融合

通信と放送の融合が話題になっています。「融合」は、「コンバージェンス(convergence)」の訳語で、技術の世界では異質の技術を結合させることをいいます。たとえば、メールや着メロ、通話を合体させた携帯電話はコンバージェンス型の製品です。コンバージェンスは、まったく別のビジネスを融合させ、新しいタイプの製品やサービス、提携、バリューチェーンを生み出します。たとえば、着メロは、音楽業界、コンテンツ配信会社、電話会社の提携による新しいバリューチェーン(※1)でのサービスです。今や、音楽や動画などのコンテンツのダウンロード配信も一般的な流通形態となり、トリプルプレイ(※2)やワンセグ放送(※3)も始まりました。これらも複数のサービスが融合したコンバージェンス型のサービスです。
欧米では、こうした動向が進むにつれ、テクノロジー、メディア、通信の三つの業界がTMT業界(Technology, Media and Telecommunications Sector)というひとつの業界に融合すると考えられてきました。この融合もコンバージェンスといいます。トーマツも2002年からTMTグループを立ち上げ活動しています。

日本のTMT業界

2003年、東京証券取引所は、従来の通信を情報・通信というセクターに拡張し、サービスやその他製品などに分類されていた上場企業が移動しました(2003年と2004年版の会社四季報4集・秋号で比較)。セクターでみると主にサービス業から移動しましたが、個別の業界をみると、放送、音楽、出版、インターネット、システムインテグレーターなどが情報通信業に移動しました(表1)。トーマツのTMTグループでは、この変更のあった2003年をTMTの流れと産業のコンバージェンスがわが国でも始まった年と位置づけています。

表1 情報通信業に移動した企業一覧(表のクリックで全件表示)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT