プロからみると、目の健康法はウソだらけだ

激しい眼球体操は危険!洗ってもダメ!

目の運動をまじめにやって網膜剥離になった中年の患者を私は何人も診察しており、網膜剥離の緊急手術を何人もしました。まったく人騒がせな素人運動療法です。

困ったことです。一般の人は目を激しく動かすことが、走ることで健康になるのと同じたぐいと思っているのでしょう。激しく目を動かすという行為は、目の中の硝子体線維を激しく揺さぶる行為であり、目の健康増進や老化防止などにはまったく役に立たないばかりか、網膜剥離の原因になるのです。

洗浄液で目を洗ってはいけない

目を水で洗うと、気持ちがよくて何かとても健康的なことをしているような錯覚に陥ります。学校のプールなどにも洗眼器が設置されていることが多いですね。蛇口をひねれば両目に合わせてシャワーのように水道水が出てきます。

しかし、水道水で目を洗ってはダメです。目にゴミが入ったとき以外は目を洗ってはいけません。涙成分の中の油性分やムチンなどの角膜を守ってくれる成分が水で洗い流されると角膜が傷みます。また水道水も無菌ではありません。一定の菌数以下というだけで、汚染されています。地方の水道水にはアメーバ原虫がいることもあります。

『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

テレビのコマーシャルで、花粉症のときは目を洗いましょうなどと、目を洗うホウ酸などの洗浄液が宣伝されています。これもとんでもないことであることが理解できるでしょう。目の大事な油層やムチンなどの角膜保護成分を洗い流し、さらには目に汚染液を行き渡らせることになります。あのような冗談としか言いようのない薬もどきが、かえって目の病気を増やすのです。

目は非常に繊細な臓器なのです。プールなどではゴーグルをつねに着けましょう。ゴーグルを外すのは、シャワーを浴び終わって、タオルで水を拭いてからです。

花粉症には残念ながら決定的な対策はありません。花粉の季節はコンタクトを避け、できれば大きめのメガネで目を守ることです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。