プロからみると、目の健康法はウソだらけだ

激しい眼球体操は危険!洗ってもダメ!

目にいいと思ってやっていることが、実は間違っているかもしれません(写真:Ushico / PIXTA)

日本では、目に関するさまざまな誤った常識がはびこっています。目の健康は「医学」であるにもかかわらず、コンタクトレンズメーカーや美容業界、薬品メーカー、はたまたインチキなお手軽健康本といった商業主義の宣伝に、多くの人が洗脳されているからでしょう。

私が初めて書いた一般向けの書籍『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』で、日本にはびこるさまざまな誤った常識を指摘しました。その一部をここで紹介したいと思います。

ブルーベリーを食べても目はよくならない

ちまたではブルーベリーが目によいと盛んに宣伝されています。ブルーベリーのサプリメントをせっせと取っている人もいるようです。しかしこれは、私に言わせれば都市伝説のようなものです。そもそもの始まりは、第二次世界大戦中の空軍パイロットの話でした。当時は夜間も有視界飛行でした。夜もよく見えないと困るので、ブルーベリーのジャムを食べていたという逸話が残っています。

これはブルーベリーに含まれるアントシアニンが目によいと信じられていたからです。しかしブルーベリーに抗酸化作用があるのはわかっていますが、眼の健康によいかもしれないという程度の希望的な観測だけで、医学的な効果は証明できていません。

ただし、私はサプリメントを全否定しているわけではありません。たとえばルテインとゼアキサンチンには加齢黄斑変性への重要な予防効果があります。

次ページどのような効果があるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。