なぜエジソンはウォシュレットを作れなかった?

日本企業再生へのヒントは問題発明にあり

どうしたら習慣を作れるのでしょうか?

磯部商店は、水泳連盟の方と協力して水泳のカリキュラムを考案しました。そのとき考えたのが、泳力という概念で、水泳の習熟度を等級分けして指導するように提案したそうです。水泳帽にマジックテープで色分けして張り付けるシールから、それぞれの泳力を識別し、それぞれにレーンに割り振るというような、水泳帽の使い方自体を丸ごと提案したわけです。すると、全国の小中学校が磯部商店から、水泳帽を買うようになり、当然、シェアは100%。そのときから、おむつカバーの会社から、現在の水泳帽の会社に変わったわけです。

当時、水泳帽自体は作ろうと思えば、作れました。しかし、習慣がなければ買う人がいません。決してモノそのものにおのずと価値があるわけではないのです。価値は文化、技術、環境、経済といった制約条件がそろったうえで、現象します。

非合理的なことも時には必要

もう少し理解していただくために、皆さんにあえて問いかけしてみましょう。

「トーマス・エジソンはなぜシャワートイレを作れなかったのでしょうか?」

エジソンが生きていた時代に、すでにポンプや温水器という技術があり、電気や上下水道という環境もあったのに。それは、おしりを洗ったら気持ちいいだろうな、という問題の開発ができなかったからなのです。世の中には、技術はあるけれど、問題の開発、発明自体ができていないことがあり、それによってわれわれが現在持ち合わせているシーズも宝の持ち腐れになっているかもしれないのです。昨今、苦境に陥っている家電メーカーなどの背景にある問題ともいえるのではないでしょうか。

ちなみに、1980年、TOTOがウォシュレットを広める際、ハウスメーカーを回り、お願いしたそうです。便座のすぐ近くにコンセントを作ってほしいと。その後、日本のトイレにはコンセントがあるという環境を開発でき、ウォシュレットを実現できるようになった。そして、テレビCMで「おしりだって、洗ってほしい。」と伝えることで認識開発をしていきました。

会社という営利組織においては、目的があって、合理的な理由がある人としか会わないですよね。つまり、合理的ではないことができないのです。しかし、新しい問題を開発するには、最初はランダムかもしれないが、盲目的になっている価値基準を探さなければならない。たとえば、ある大手IT企業の方に、いつも会っている人は誰かと尋ねたところ、自宅と、会社と、行きつけの居酒屋の3点の往復だとおっしゃった。これでは、世の中に困っている人がいても、目に入ってこないですね。もっと、いろんな人にあって、潜在的な問題の糸口を見つけてほしいなと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT