なぜエジソンはウォシュレットを作れなかった?

日本企業再生へのヒントは問題発明にあり

中小企業がヒット商品を生み出すヒントは?

これまで研究の中で、東京近郊の町工場や中小企業を回ってきましたが、技術だけではない勝ち方があるのではないだろうか? ヒット商品を生み出している中小企業の事例を目にして、そう考えるようになりました。成功している企業は問題そのものを発明し、独自商品を開発して、新しい市場を創り出しているのです。

そこで、ひとつ事例を紹介します。レボUコップです。コップといえば、一般的に飲み口が水平になっていますが、このコップは鼻が当たる部分だけが削られています。一般の人からすると、不便ですが、ある特定の方にとっては画期的なコップなのです。障害を持たれている方、高齢の方にとっては、ジュースなどを飲む際、首を曲げなくても飲み干すことができるのです。

皆さんに振り返ってもらいたいのです。今の説明を聞かないうちは、このコップは価値がない、不便だと感じられたかもしれません。でも、どんな人が困っていて、どう便利なのかを聞き、皆さんの認識が変わった途端、価値を感じていただけたのではないでしょうか。モノの中に価値があると思っているかもしれませんが、価値とは本当はわれわれの認識に依存する現象なのです。

どのような問題ととらえ、解釈するかは、その人の知識や経験、教養によって変わります。得てして、問題は発見されると思われていますが、問題をどのように定義するか、その設定自体は、アートであり、発明であるわけです。

もうひとつ面白い事例をお話しします。東京の墨田区に日本の水泳帽のシェア9割を持つフットマーク(旧・磯部商店)という会社があります。1970年ごろ、社員8人規模の会社だった当時、布製のおむつカバーを作っていました。しかし、その頃、アメリカのP&Gからパンパースが入ってきたため、使う人が減ってしまった。そこで、これまでの技術を別のものにできないかと考えられました。

ちょうどその頃、第2次ベビーブームに合わせ、全国の小中学校にプールを造っていく政策が発表されました。これを聞き、今のおむつカバーの技術を生かして、水泳帽を作ったらどうだろう?と考えました。ところが、その時代に水泳帽の需要がなかった。水泳帽をかぶる習慣は髪の長い女性か、水球の選手など一部にしかなかったのです。それでも、もしその習慣を作れれば、需要が発生するだろうと考えたのです。

次ページ家電メーカー苦境の背景にあるもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT