年1140万円稼ぐ「29歳独身勤務医」の家計簿

大学病院の収入だけじゃ生きていけない?

(左)6月分家計簿/(右)支出の内訳

実は大学病院だけの収入だけでは、医学部にかかった高額な授業料すらすぐにはペイできない。収入の殆どが掛け持ちのアルバイトで補われているのだ。

月の手取り額は、そのアルバイトの数に応じて変動するため、多い時には100万円程支払われることも。そのため、一概に手取りいくらとは固定していない。平均的に手取りは合計75万前後のようだ。

縦社会のドクターの世界でかかるのは“あの費用”

「医師だからと言って、皆が贅沢な生活をしているわけじゃないですよ。特に大学病院の勤務医は地味な人だっているし、人によって様々です」

では佐々木さんはどうだろう。収支を気にせず生活している様子だが、月によって給与額が異なるため、思っていたよりも贅沢な使い方はしていないようだ。

・交際費(26%)20万円

医師の世界は縦社会の繋がりが強いと言われている。特に体育会系の部活においては、先輩が後輩の面倒を見て、後輩が先輩を慕い、その絆は医学部卒業後のキャリアにおいても活きてくる。佐々木さんも、医学部在学中はバスケ部に所属していた。

知り合いの先輩医師に誘われて、タワーマンションのゲストルームで開催されるような、“お食事会”に参加するようなこともないわけではない。しかしあまり気取った雰囲気が好きではないのか、飲み会というと殆どが医師仲間と一緒に、週に1~2回、恵比寿か有楽町周辺に集まることの方が多い。

そのときによってまちまちだが、必ず後輩に奢るため、1回の飲み会では2万円ほど使うこともある。夏になると急に交際費がかさみ、7月には20件も飲み会が入っているというから驚きだ。

特定の気に入っていた店があるというわけではなく、友達に勧められた店に行くことが多い。最近は恵比寿にある焼肉『喜福世(きっぽよ)』に足を運んだ。スポーツバーで友達とTV観戦をすることもあり、有楽町のコリドー街にもよく出没するという。

・住居費(24%)18万円

新橋駅から徒歩10~15分ほどの賃貸マンションで現在はひとり暮らしをしている。月の家賃は18万円と、1人暮らしにしてはやや高め。しばらくはいまのマンションに住む予定でいる。いつかは吉祥寺や下北沢、荻窪辺りの落ち着いた住宅地に住みたいと話していた。

次ページ意外と地に足が着いた生活感
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。