エアバスも客寄せ、観光大国フランスの商魂

仏語オンリー脱却、英語や日本語も活用へ

 

地域の多様性は、周辺に行けば行くほど強まる。トゥールーズのあるオート・ガロンヌ県の隣、北東へ車で移動すると、タルヌ県に入る。

ミディ・ピレネー地域圏への観光に世界の関心が高まったひとつのきっかけが、県内にあるアルビの司教都市が2010年にユネスコ世界遺産に登録されたこと。この地域出身のロートレックの美術館もあり、歴史遺産と芸術作品が一度に楽しめる。

アルビの隣には城塞都市コルド・シュル・シエルがある。山全体を城塞として敵に備える一方で、中央に広場を設けて人や物資の交流の場とするなど、現代フランスにも通じる先人の知恵の宝庫であり、当時の風俗博物館もある。

また、ガストロノミー(美食)の見地からも見どころが多く、中世そのままの衣装で出迎えてくれるレストランや、国家最優秀職人章の表彰を受けたパティシエ、イヴ・チュリエス氏(写真中央)のいるチョコレート・ショップもある。

仏語重視にとらわれず、英語も日本語も取り込む

「日本人は美しい村にも関心が高い」(ゲラン総裁)ことから、日本におけるミディ・ピレネーのPR広告では、トゥールーズと並んでコルド・シュル・シエルを特にプッシュしているという。

次ページ地域ブランドを守るのがミソ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。