最新「世界大学ランキング」で東大は39位

英オックスフォード大が初の首位

 9月22日、英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が発表した今年の世界大学ランキングでは、英オックスフォード大学が初めて1位となった。写真は2011年、同大学の卒業式を終えた学生ら(2016年 ロイター/Paul Hackett)

[ロンドン 22日 ロイター] - イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が発表した今年の世界大学ランキングでは、英オックスフォード大学が初めて1位となった。5年連続で首位だった米カリフォルニア工科大学は2位に後退した。

日本は東京大学の39位が最高位で、昨年に続いてアジアの首位を逃した。

ランキングを担当したフィル・バティ氏は、オックスフォード大の研究費は10%増加し、全体の資金は14億ポンド(約1820億円)となり、研究の影響力が拡大したと述べた。

ただ、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)でトップレベルの人材や資金の確保が難しくなることが予想され、長期的にはリスクがあると指摘する声もある。

3位以下は米スタンフォード大学、英ケンブリッジ大学、米マサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学、プリンストン大学、10位はカリフォルニア大学バークレー校とシカゴ大学の2校となった。

一方、今年は香港中文大学や韓国科学技術院(KAIST)が100位以内に初めてランクインするなど、アジアの大学の躍進が目立った。このほか、北京大学が昨年の42位から29位に、清華大学は47位から35位にそれぞれ浮上した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 財新
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT