最新「世界大学ランキング」で東大は39位

英オックスフォード大が初の首位

 9月22日、英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が発表した今年の世界大学ランキングでは、英オックスフォード大学が初めて1位となった。写真は2011年、同大学の卒業式を終えた学生ら(2016年 ロイター/Paul Hackett)

[ロンドン 22日 ロイター] - イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が発表した今年の世界大学ランキングでは、英オックスフォード大学が初めて1位となった。5年連続で首位だった米カリフォルニア工科大学は2位に後退した。

日本は東京大学の39位が最高位で、昨年に続いてアジアの首位を逃した。

ランキングを担当したフィル・バティ氏は、オックスフォード大の研究費は10%増加し、全体の資金は14億ポンド(約1820億円)となり、研究の影響力が拡大したと述べた。

ただ、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)でトップレベルの人材や資金の確保が難しくなることが予想され、長期的にはリスクがあると指摘する声もある。

3位以下は米スタンフォード大学、英ケンブリッジ大学、米マサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学、プリンストン大学、10位はカリフォルニア大学バークレー校とシカゴ大学の2校となった。

一方、今年は香港中文大学や韓国科学技術院(KAIST)が100位以内に初めてランクインするなど、アジアの大学の躍進が目立った。このほか、北京大学が昨年の42位から29位に、清華大学は47位から35位にそれぞれ浮上した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT