日英ハーフの大学生を悩ますEU離脱の憂鬱

「心の拠り所」を失うかもしれない危機感

英国のパスポートのいちばん上には、「European Union」と記されている(写真: lipowski/PIXTA)

今年初め、私は英国のパスポートを更新した。英国のパスポートは私にとって「宝物」のような存在だ。それは、ボルドー地に金色で英国の国章が描かれていて美しいからだけではなく、英国という国名の上に「European Union (欧州連合=EU)」と記されているからだ。

英国のパスポートは私にとってまさに欧州どこへでも行ける「黄金のチケット」であり、もうひとつの私の母国である日本のパスポートと共に、どこの国へ行くにも誇りを持って提示できるものだった。ところが6月23日、英国の国民投票によってEU離脱が決まったことにより、英国籍を選んだ友人(二重国籍を持つ人は22歳までにどちらかの国籍を選択しなければならない)は、自由に欧州へ行ける権利を失ってしまった。

英国民がEU離脱(Brexit)の決断を下してから2カ月以上経つが、この先どうなるのかまるで見えない中、一つだけハッキリしていることがある。英国のように多種多様な民族が混在する国では、Brexitはそれぞれにとって違う意味があるということだ。

ロンドン育ち、18歳で再び日本へ

特に2つの国籍を持つ私の場合、Brexitによって自らのアイデンティティが深く、大きく傷つけられたと感じている。

私は、今でも母方の親戚が多く住む福岡市の郊外で生まれた。3歳のときに父の祖国である英国のロンドンへ引っ越し、18歳になるまでそこで暮らした。ロンドンに越してからも毎年夏になると福岡の親戚を訪れていただけでなく、毎週末ロンドンの「補習校」に通って日本語の読み書きや日本文学を教わり、せっせと日本人の友達を作った。

私の日本に対する思いや、自らのアイデンティティを探る思いは年を追うごとに強くなり、ついに14歳のとき、毎年3週間の日本滞在だけでは満足できないことに気がついた。私は日本にもう一度、住みたかったのである。その夢は2014年にかなうことになる。必死に勉強した結果、晴れて東京大学に合格したのだ。

次ページ「Hafu(ハーフ)」として生きる葛藤
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT