読む本でバレる「一生、成長しない人」の3欠点

「二流の読書で、バカになる人」も大勢います

では、一流の人に学ぶ「読書の秘訣」は何なのか。以下、ポイントを3つに絞って紹介しよう。

【1】「忙しいこと」を言い訳にしない

世界中の二流の人々に宣告するが、忙しいことを、本を読まない言い訳にしてはいけない。逆説的だが、忙しければ忙しいほど、読書量を確保している人が世の中には多い。逆に、「どこからどう見ても暇な人」に限って、本も読まないものだ。

私は別に「何が何でも本を読め」と言っているわけではない。新聞でも雑誌でも、ネットで動画を見るのでも構わない。要するに、良質の情報、思考方法、知的な刺激を絶えず受ける習慣を持つことが、「一流の読書」への第一歩である。

【2】自分の偏見を助長する「二流の読書」をしない

なお、読書をしながら、視野がどんどん狭まっていくような「二流の読書」をしている人も少なくないので注意が必要だ。

読書で重要な要素のひとつは、視野・視点を広げることだ。これに対し、二流の人に限って、マニアックな特定分野の、自分の偏見を助長してくれる著者の本ばかり読みたがる。こういう「二流の読書」では、読書量が増えても、自分の視野を狭め、偏見を増長させるだけだ。

もちろん「各人が好きな本を読むのが基本」でいいわけだが、知性を磨いていくためには、自分の意見や価値観とは相いれないものも含めた「多様な情報源」を確保するのが不可欠といえるだろう。

【3】文章を正確に読む「まともな知性・メディアリテラシー」を身につける

最後に、「一流の読書」にとって最も大切なのは、「書かれたことの一部を読んで批判したり、自分の都合のいいように曲解したりしない」という「まともな知性・メディアリテラシー」を持つことだ。

世の中には、書いてあることを文字通り信じるどころか、そもそも全体を理解できず一部にだけ反応して、自分の都合のいいように解釈し、批判する二流の人は思いのほか多い。

そういう人に限って、そもそも数百万人の読者に向けて書かれた文章に対し、「これは全員に当てはまるわけではない」などという、極めて当たり前で二流の批判をしたりするものだ。

あなたのまわりの人は「この人が何を読んでいるか」に加えて「この人が読んだものに対して何を言うか、どんな感想を持つのか」も注意深く見ているものだ。

的はずれな感想を堂々と語ったり、逆に、当たり前のことをしたり顔で語るようでは、一流の人には「しょせん、この程度の人なんだな」と見透かされることになる。

「そもそも本を読む人かどうか」で、あなたが「自分自身を成長させていける人」かどうかはバレるものだ。

それに加えて「どんな本を読んでいるか」そして「読んだものに対してどんなコメントをするか」ひとつで、あなたの「主体性や教養、まともな知性・メディアリテラシー」の有無までバレることを、いつも肝に銘じなければならない。

(イラスト:岸 潤一)

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。