「ドクターX」、テレ朝・大人気ドラマの裏側

視聴率2冠の牽引役、内山聖子プロデューサーに聞く

ドラマのキモは「キャラクター」

――ドラマは録画視聴の流れにあり、視聴率につながるリアルタイムの視聴者は獲得しづらい状況にあります。その中で、録画ではなく、リアルタイムに見てもらうために、ドラマに必要な要素は何でしょうか?

私は「キャラクター」だと思います。毎週、「ドクターX」の大門未知子に会いたいと思うかどうか。彼、友達、親、子どもなど、毎日会いたくても、忙しい日常生活の中でなかなかつかまえることができない人がいます。

そんなふうに会えない人たちをキャラクターに投影して、視聴者はそれぞれのキャラクターに会いたいと思う。毎週決められた時間にテレビの前に座ってもらうためには、「このキャラクターにこの時間になれば必ず会える」と心待ちにしてもらうこと。この点をドラマ作りでは大事にしたいと考えています。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。