超金融緩和「2・2・2」、黒田日銀の乾坤一擲

異次元の金融政策で問われる効果と副作用のバランス

「2並び」でまとめた黒田総裁。わかりやすさも抜群だった(撮影:尾形 文繁)

“トリプル2”の衝撃

物価目標2%の達成に向けて、達成期間2年を念頭に置き、マネタリーベースを2倍にする――。黒田東彦日本銀行総裁は、トリプル7ならぬ“トリプル2”の金融政策パッケージをブチ上げた。 

「戦力の逐次投入はせず、必要な施策をすべて講じた」。4日、新総裁として初の金融政策決定会合後の会見となった冒頭、黒田総裁はいくぶん語気を強めながらこう述べた。また、「(金融政策を)わかりやすくするように枠組みを見直した」というように、白川方明前総裁時代の方策は、ほぼすべて塗り替えた。

 市場へ資金供給量を増やす量的な金融緩和のスタンスを重視するため、政策金利ゼロ~0.1%という目標から「マネタリーベース(流通現金と日銀当座預金の合計、以下MB)」へと切り替えた。デフレ脱却の決意を示すべく、1月に日銀が決定した物価安定の目標2%(前年比上昇率)の達成に向けて、今回の公表文では、「2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現する」と具体的な達成時期も盛り込んでいる。 

次ページ政策の中核をなすものは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT