世界最速のディーゼルSUVに乗ってみた!

BMW「アルピナ XD3 ビターボ」の実力

それでも、この日ステアリングを握った女性レーシングドライバー、ダニエラ・シュミート氏は、ニュルブルクリンク24時間レースで表彰台に上った経験もある腕利きにして、BMW アルピナ B6-GT3のテストドライブも行った経験のある人物と聞いて、いささかの期待感が浮かび上がったのも事実。

BMWとBMW アルピナを知り尽くしたレーシングドライバーであれば、公道でのテストドライブ以上にXD3ビターボの真価に触れられるかもしれない?と考えつつ、筑波サーキットに赴くことになったのである。

BMW ALPINA XD3 BITURBO All-Wheel-Drive

ハードな乗り心地を覚悟していたけれど

当たり前のことかもしれないが、ダニエラ・シュミート選手の操縦するXD3 ビターボのパッセンジャーシートに乗り込む以前から、私はこのクルマの動力性能には何らの疑問も抱いていなかった。最高出力350ps、ディーゼルながらリッター当たり117ps以上に達する大パワーもさることながら、最大700Nmにも及ぶ恐るべきトルクが、しかも1500rpmあたりから立ち上がるのだから、たとえ車両重量が1.9トンを大きく超えようが、速いのは当然のことだろう。

しかしながら、ピットレーン出口からフル加速して第1コーナーに飛び込んだ瞬間から、早くもサプライズが待ち受けていた。曲率の大きな高速コーナーはもちろん、ヘアピンのようにタイトなコーナーでも、この種のSUVをサーキットで走らせる際について回るアンダーステアは最小限。必要以上にスプリングを固めていないので、たしかにロールは発生するものの、ショックアブソーバーやスタビライザーの巧みな調律によって最小限に抑えられている。

とはいえ、近年のスーパーSUVたちの間では、サーキットでもスポーツカー並みに走ることができるほどのパフォーマンスを得ているものは珍しくない。しかし、その代償として多くのモデルがかなりハードな乗り心地を示すことになったことも指摘されている。

その上、SUVの特質ゆえに着座位置も高いため、特に助手席や後席の住人はコーナーリング中や不正な路面の通過時に頭部を大きく揺さぶられることもありがち。しかしXD3 ビターボでは、そのような不快なフィーリングは限りなく抑えられ、少しばかり舗装の荒れた路面でも実に快適な乗り心地を保ち続けるのだ。

シュミート選手は、そんなBMW アルピナ XD3 ビターボを「コンフォートなサルーンと高性能スポーツカーの二面性を持つSUV」と評した。そしてその走りの本質として、体感的な軽さを挙げてくれた。

次ページアルピナの名のもとでSUVなど創ることは!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT