JX、エネルギー・金属資源開発へ巨額投資

“世界有数"企業狙い3年で4割増益の計画

石油開発、石油精製元売り、金属の各専門会社を傘下に持つJXホールディングスが、この4月からスタートする2013~15年度の第2次中期計画を発表した。

10年4月に新日石と新日鉱ホールディングスが経営統合してJXが発足した後の第1次中期計画(10~12年度)に次ぐもので、「世界有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループへ飛躍のスタート」と位置づけている。

大型戦略投資からのリターンで1100億円利益上積み

木村康会長は「刈り取り時期になる」と強調

3月28日に行われた記者発表会見の場で、木村康会長(上写真)は、「第2次中期計画の期間は、第1次中期計画で種をまいたさまざまな投資の刈り取り時期になる」と強調。

 

また松下功夫社長(写真)は、「20年に向け、世界基準に照らして高い競争力があり、上流・中下流事業のバランスのとれた企業グループを目指す」と述べた。

第2次中期計画の数値目標(15年度)は、経常利益が4000億円以上、ROEが10%以上、ネットDEレシオが0.9倍以下、設備投資・投融資が1兆3000億円+αとしている。

ちなみに第1次中期計画の目標は経常利益3000億円以上、ROE10%以上、ネットDEレシオ1.0倍以下、設備投資・投融資が9600億円だった。

次ページ北海のほか佐渡沖での試掘も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT