JX、エネルギー・金属資源開発へ巨額投資

“世界有数"企業狙い3年で4割増益の計画

石油開発、石油精製元売り、金属の各専門会社を傘下に持つJXホールディングスが、この4月からスタートする2013~15年度の第2次中期計画を発表した。

10年4月に新日石と新日鉱ホールディングスが経営統合してJXが発足した後の第1次中期計画(10~12年度)に次ぐもので、「世界有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループへ飛躍のスタート」と位置づけている。

大型戦略投資からのリターンで1100億円利益上積み

木村康会長は「刈り取り時期になる」と強調

3月28日に行われた記者発表会見の場で、木村康会長(上写真)は、「第2次中期計画の期間は、第1次中期計画で種をまいたさまざまな投資の刈り取り時期になる」と強調。

 

また松下功夫社長(写真)は、「20年に向け、世界基準に照らして高い競争力があり、上流・中下流事業のバランスのとれた企業グループを目指す」と述べた。

第2次中期計画の数値目標(15年度)は、経常利益が4000億円以上、ROEが10%以上、ネットDEレシオが0.9倍以下、設備投資・投融資が1兆3000億円+αとしている。

ちなみに第1次中期計画の目標は経常利益3000億円以上、ROE10%以上、ネットDEレシオ1.0倍以下、設備投資・投融資が9600億円だった。

次ページ北海のほか佐渡沖での試掘も
人気記事
トピックボードAD
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。