「飲み会に行ったら離婚」…夫の主張は通るか

一度帰宅が遅くなっただけで「もういらない」

会社の飲み会に参加しただけで、夫から無視され続ける(写真:Yoshi / PIXTA)

会社の飲み会に参加したら、夫から1週間以上も無視され続けている――。そんな女性の投稿がネットの提示版で話題を呼んだ。

女性は21歳で、結婚して1年半の夫(32)と2人暮らし。夫はこれまでも、投稿者が会社の飲み会に参加することを快く思っていなかった。残業続きで仕事が忙しい中で飲み会に参加したとき、「家より仕事が大事なんでしょ」と離婚を切りだされたこともあった。

そのため、投稿者は、参加する飲み会はどうしても参加するものに限り、参加した場合もなるべく遅くならないように気をつけていた。家事もしっかりこなしていたという。

突然告げられた「もうお前いらない」

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

そんな中、投稿者は参加必須の会社の飲み会があったため参加した。2次会まで参加して、帰りが23時を過ぎたところ、夫から「もうお前いらない」と告げられ、無視され続けているという。

投稿者は、「離婚はしたくなく、仕事も契約社員から正社員になったばかりなので辞めたくない」と考えている。参加が必要な飲み会に参加して、帰宅が遅くなったからといって、離婚を求める夫の主張は認められるのか。森元みのり弁護士に聞いた。

次ページ離婚が認められるケースは何が違う?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。