夫から受けた数々の苦痛、慰謝料いくら分? 「養育費はいらない」と言い切るのは早計だ

拡大
縮小
夫から受けてきた精神的苦痛、おカネにするといくらに相当する?(写真 :さわだ ゆたか / PIXTA)

約20年の結婚生活の中で私がどれだけ苦しんできたか、夫に思い知らせてやりたい! 弁護士ドットコムライフの体験談募集コーナーに、そんな投稿がありました。その投稿主、藤田サキさん(仮名)は40代の女性。これまでの辛い体験をくわしく話してくれました。

サキさんは夫の暴力と金遣いの荒さ、そして不倫に悩まされてきました。夫はサキさんに、平手打ち、蹴る、突き飛ばすなどの暴力をふるい、当時まだ幼かった長男にも手をあげることがあったそうです。浪費癖もあり、収入の半分以上を自分の趣味のために使っていました。そこに追い打ちをかけたのが、不倫の発覚でした。

「夫に散々苦しめられてきた」

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

暴力、派手な金遣い、不倫という「三重苦」に苦しめられながらも、サキさんが結婚生活を続けてきたのは、子供のためでした。「子供のためには、両親揃っていた方がいいと思って。でも、酒を飲んでは暴れ、暴力を振るう父親を、子供たちが怖がっていることに気がつき、離婚を決意したんです」と、サキさんは語ります。

サキさんは離婚するにあたって、夫から生活費や養育費をもらうつもりはないと話しています。一方で、気になるのが、慰謝料の額だといいます。

「私はこれまでの結婚生活の中で、夫に散々苦しめられてきました。傷ついた気持ちや耐え忍んできた苦悩は、目には見えないから伝わりにくい。慰謝料の金額で提示して、どれだけ私が苦しんで知らしめてやりたいと思ったんです」

次ページ話し合いか、裁判か…金額はどのように決まる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT