野田聖子氏盛大パーティーで見えた次の政局

自民の大物政治家が集結した理由とは?

森元首相はとっさに挨拶の順位を変えるように指示し、先に丸川珠代五輪担当大臣を登壇させた。不意打ちをくらったような表情を見せた丸川氏は、挨拶でいきなり小池知事を「おかあさん」と言ってしまい、慌てて訂正する一幕もあった。

その間に小池知事と少し言葉をかわした森元首相は、挨拶の最後に「東京大会はリオ以上に素晴らしいものにしないといけない。招いたのは東京だから、全ての責任は小池知事にある」と言明。その言葉はオリンピック・パラリンピック利権に斬り込もうとしている小池知事への牽制とも見てとれた。

そのような彼らとうまく付き合う野田氏は、大物政治家の風格さえ感じられた。

ロイヤルブルーの意味

またパーティーでは、現政権への“恨み節”とも思える発言もあった。野田氏の祖父・卯一氏が建設大臣時代に父・二朗氏が建設大臣官房長を務めたという石破茂前地方創生担当大臣の挨拶だ。「閣僚を降りて、何でも言えるようになった」とにこやかに話す石破氏は、「2012年と2014年に当選した議員は野党時代を知らない。これでいいわけない」と自民党の当選1、2回生の議員の奢り高ぶりに対する懸念を表明した。だが当選1、2回生を批判することは、彼らを生みだした第2次安倍政権への批判を意味することは明らかだ。

さてこの日の野田氏のいでたちにも、その決意が伺えた。着用したスーツは鮮やかなロイヤルブルーで、野田氏が郵政大臣に就任した時に着用したスーツと同じ色。原点回帰という意味かもしれない。

そういえばリオ・オリンピックが開催された今年も、野田氏にとって原点復帰を示唆する年といえるだろう。野田氏はローマ・オリンピックが開催された1960年に生まれ。「聖子」という名前はオリンピックにちなんで付けられたものだ。その次の大会は1964年の東京オリンピックで、今年のリオ・オリンピックの次の開催地も東京だ。

野田氏にとって過去2年が冬の時代だとするならば、これから新しい命が芽吹く春がやってくるのか。パーティーでは二階俊博幹事長が「女性が輝く社会というが、自民党がそうでなければならない。その最短にいるのが野田さんだ」と野田氏を最大に称賛したが、その言葉はあながち単なるお世辞ではないかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT