若手社員にも出来る「なじみの店」の作り方

常連さんの特徴は来店頻度と「気遣い」にある

「小さなお店ならなおさらですが、混雑時はどうしてもキッチンが立て込んでしまう。そんなときに常連の方にそういっていただけるととても助かりますね」(豊野さん)

また、豊野さんの店では、なじみ客ほど混雑している時間を避けて来店してくれる人が多いという。混雑状況を見て「他の店で時間つぶしてからあとできます」といった具合だ。なじみ客にとっては「店が混んでいるとスタッフとゆっくり話せないから」という理由もあるが、「せっかく新規などのお客さんが入っているんだから、そちらを優先にしてくれ」という気遣いも感じさせる。一方で、店側としても「ピークアウトしたあとに来てくれるお客さん」となれば、大いに歓迎できるわけだ。

「店の甘えにもなりますが、こうした使い方をしていただけると店としてもとてもうれしいですね」(豊野さん)

裏返すと、常連客だからといってムダに長居したり、混雑時に大きな顔をしているのは言うまでもなくいただけない。本人は“なじみ客”のつもりだが、店からしてみると、“招かざる客“になっているかもしれないので、注意したい。

なじみの店だからこそ、やってはいけないこと!

なじみ客になったからこそ、店で守らなければならないマナー&ルールがある。先に述べた「なじみだからといって、店で大きな顔をしない」などはまずその筆頭だ。

繰り返しになるが、飲食店にとってリピーターは大切だが、新規顧客はそれ以上に大切なもの。しかし常連が横柄な態度で店員と話し込んでいるような店は、当然敬遠されてしまう。

「大声で話す、歌い出す、寝る……。こういう行為はマナーとして声かけをさせていただいています。常連さんならなおさらですね」(前出・豊野さん)

さらに注意したいのは店の扉が空いたときに、座っている席やカウンターから振り返って、ジロッと「どんな客だ?」と見る行為だ。これもやめておきたい。やるほうは「気になるから仕方がない」のかもしれないが、やられるほうは気分を害してしまう。仮に初めての店だとしたら、いかにも自分を品定めされているような気になる。「常連ばかりいる排他的な店」に見えて、今後足が遠のく可能性が高い。店からしてもはた迷惑。なじみ客こそ振り向きたくても、ぐっとガマンするのがスマートだ。

また、なじみ客同士で仲良くなるのは構わないが、相手がカップル客や女性の2人客などの場合は、会話に割り込むような行為も避けたい。カップルはたいてい二人の時間を過ごしに来ている。当たり前のことだが、そこにムリに横ヤリをいれるのは、マナー違反というより野暮だ。

飲みの席でのマナーはあげ出すとキリがないのだが、本当にいい店でなじみ客になれば、そこで人生の先輩たちと知り合い、コミュニケーションも磨かれる。酒の飲み方やそのマナーに関しても教わることができるはずだ。食育ならぬ「飲育」を受けられるのも、なじみの店のメリットかもしれない。酒の楽しみと深みが増すに違いない。

さあ、さっそく今夜あたり、なじみの店探しへと繰り出してみてはいかがだろうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。