「朝食メニューと成績」の意外に密接な関係

IQが高い子は「菓子パンよりご飯」

朝食が大切な理由はどこにあるのでしょうか。それは「脳へのエネルギー補給」にあるというのが、私の考えです。

私たちの体は、摂取したエネルギー(ブドウ糖)を、体に貯めておくことができます。余ったブドウ糖は脂肪として蓄積され、必要となった時に使うことができます。

しかし、脳にはそのような機能がありません。そのため、脳は血液中から「常に」ブドウ糖を取り入れ続ける必要があるのです。

特に成長著しい子どもの脳は、大人の2倍ほどのブドウ糖を必要としています。朝食を抜いてしまうことが、大人よりもずっと子どもの脳にとってダメージが大きいのはそのためです。

朝食が子どもの脳にとって必要な理由は、次の2つです。

・脳が活動するための十分なブドウ糖を補給する
・次の食事まで、ブドウ糖を補給し続ける

食べないのは論外! 菓子パンよりご飯を

では具体的には、どのようなメニューが、脳のコンディションをよい状態に整えてくれるのでしょうか。

まず「十分なブドウ糖を補給する」という側面を考えると、「朝食抜き」は論外です。ブドウ糖というのは、脳が活動するためのエネルギーです。朝からエネルギー切れでは、1時間目から4時間目までの授業も、頭に入らなくなってしまいます。これは非常にもったいないことです。

次に「ブドウ糖を補給し続ける」という面を考えてみましょう。

糖尿病などの治療と関連して注目されている数値で、血糖値の上昇の度合いを表す「GI(Glycemic Index グリセミック・インデックス)」という表示があります。食事をすると、私たちの血中のブドウ糖の量(血糖値)は増加し、一定の時間が経つとブドウ糖の量は減少します。その血糖値の増減を数値化したものがGIです。ブドウ糖を直接口に入れたときの血糖値の上がり方を100として、その度合いが急激であればあるほどGIは高く、緩やかであればGIは低く表示されます。

GIが高い朝食の例は、菓子パンです。菓子パンを食べると血糖値は一気に上昇します。そしてあっという間に下がります。これでは脳にブドウ糖を補給し続けることはできません。

逆にGIが特に低い主食は、玄米やライ麦パンのような食品です。これらの朝食は、血糖値を穏やかに上昇させ、それが長時間保たれます。言い換えれば、血液中にじわじわとブドウ糖が流れ込み、そしてゆっくり減少する傾向を持つ食品なのです。

子どもの脳のコンディションを考えるのであれば、血糖値がじわーっと上がり保たれる食品のほうがいいのです。目安は、茶色い食品です。白米より玄米、白いパンより茶色いパンがお勧めです。

次ページ最新の脳科学が教えてくれること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT