IT、ユニクロ強し。本当に儲かっている200社

今期ROEで探す高収益企業ランキング

ほかに目立ったのが総合商社各社。丸紅、伊藤忠商事、住友商事、三井物産、三菱商事と、いずれもROEが2ケタを超えた。ともに業界の特徴として、有利子負債が巨額なために自己資本比率は20%前後。強みの資源価格が足元での調整局面から再び上向いており、来14年3月期は鉄鉱石中心に資源高を謳歌できそうだ。

また、自己資本比率が比較的低かったところでは、楽天、東芝、住友不動産、日立製作所などがROEランキングの上位に見られた。

 

次ページ総合ランキングはITが上位独占
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT