IT、ユニクロ強し。本当に儲かっている200社

今期ROEで探す高収益企業ランキング

NTT、全日空も健闘

175位には通信の巨人、日本電信電話(NTT)が入った。今13年3月期は光回線が競争厳しく、ドコモの子会社のNTTドコモの販促費積み増しも響き、営業利益、経常利益ともに減益だが、税効果により純益は若干の増益となった模様だ。来14年3月期はLTE対応スマホが伸び、NTT東西の費用効率化などの一巡を見込み、営業利益も上向きそうだ。ROE11%台で67位に入ったライバル、KDDIとの差を縮めたいところだ。

もうひとつ、ライバルの日本航空に大きく差をつけられたのが全日本空輸。日本航空が税負担の軽さもあってROE30%を超えて6位に入る一方、全日本空輸は6%前後に落ち着いている。4月からはANAホールディングズとしての上場となるが、今13年3月期は燃油増はあるものの、震災影響が一巡することなどにより営業増益となる。来14年3月期はニューヨーク便やミャンマー便が通年寄与するが、世界の航空会社の中で最多保有となっているB787機の運航再開がいつになるかが不透明要因となり、燃油費や償却費も重いことから、増益は一服となりそうだ。

(撮影:吉野純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT