家計のインフレ期待は高まっているのか?

景気・経済観測(日本)

その結果、2012年12月の1.5%から2013年1月が1.6%、2月が1.8%へと上昇しているが、これも2004年4月以降の平均である1.4%を少し上回る程度である。

家計の期待インフレ率と実際の物価上昇率は、平均で1.5%程度の乖離があり、この点を考慮すれば足元の期待インフレ率は0.3%程度にすぎない、と読み替えることもできる(右図)。

足元の物価動向に左右される、家計の期待インフレ率

家計のインフレ期待が必ずしも先行きの物価動向を予想しているとは言い切れないことにも注意が必要だ。家計の期待インフレ率と実績値の時差相関をとってみると、相関係数が最も高いのは総合で0カ月、生鮮食品を除く総合で1カ月となる。いずれも半年を過ぎると相関係数が0.5を下回り、1年後にはほとんど相関がなくなる(下図)。

家計の期待インフレ率は実際の物価上昇率に先行しているというよりは、一致した動きとなっているとみるのが適当だ。消費動向調査では1年後の物価見通しが調査されているが、実際の消費者の判断は足元の物価動向に、大きく左右されていると考えられる。

次ページ家計のインフレ期待は原油価格が押し上げている
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT