ダッカ飲食店襲撃事件の首謀者含む3人射殺

バングラ警察、隠れ家を急襲

 8月27日、7月にバングラデシュの首都ダッカの飲食店が襲撃され、日本人を含む22人が殺害された事件で、治安部隊が27日、ダッカ近郊にある武装勢力の拠点を急襲し、首謀者を含む3人を射殺した。写真は事件のあったレストラン。バングラディシュの首都ダッカで7月撮影(2016年 ロイター/Adnan Abidi)

[ダッカ 27日 ロイター] - 7月にバングラデシュの首都ダッカの飲食店が襲撃され、日本人を含む22人が殺害された事件で、治安部隊が27日、ダッカ近郊にある武装勢力の拠点を急襲し、首謀者を含む3人を射殺した。警察当局が明らかにした。

ダッカ警察のテロ対策部門のトップによると、3人はダッカ近郊にある隠れ家に追い詰められ、投降を拒んだため、銃撃戦の末に射殺された。射殺されたのは当初4人と発表されたが、その後3人に訂正された。

警察によると、射殺された首謀者はタミム・チョードリー容疑者(30)。バングラデシュ生まれでカナダ国籍を持っているという。

最近起きた襲撃事件の武器や資金の供給元となっていたという同容疑者について、カーン内相は記者団に「チョードリー容疑者の章はこれで終わりだ」と述べた。

ダッカの飲食店襲撃事件では、イスラム教の断食月(ラマダン)中の7月1日、武装集団が飲食店に押し入り、人質を取って立てこもった。特殊部隊が突入して実行犯5人を射殺したが、国際協力機構(JICA)のインフラプロジェクトに携わっていた日本人7人を含む22人が死亡した。事件後に過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

バングラデシュ政府は国内にISやアルカイダは存在しないとの立場を取っているが、警察はISへの忠誠を誓っている過激派「ジャマトゥルムジャヒディン・バングラデシュ(JMB)」が飲食店襲撃事件に関与したとみている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT