ハゲタカがTOB 遠のく西武の再上場

対立は泥沼化。サーベラスは強硬手段で打開図る

地獄の番犬の名を冠したハゲタカの雄が攻勢に出た。

3月11日、米投資ファンド・サーベラスは西武鉄道やプリンスホテルを傘下に持つ西武ホールディングス(HD)に対して、1株1400円で株式の公開買い付け(TOB)を行うと発表した。サーベラスは6月の定時株主総会で、元金融庁長官の五味廣文氏、元日本郵政公社総裁の生田正治氏ら3人を取締役として推薦することも表明した。

有価証券報告書の虚偽記載で西武鉄道が上場廃止となったのは2004年12月。持ち株会社として再出発する過程で、約1040億円を出資したサーベラスは、西武の32.42%を保有する筆頭株主になっていた。

買い付け株数の上限は4%。サーベラスは「現経営陣との協力体制をより緊密にしたい。経営支配が目的ではなく、コミットメントの証し」と友好姿勢を強調する。西武は「事前に同意しているものではありません」と不快感をにおわせつつ、正式な意見表明は行っていない。

西武は12年中の上場を目指し、昨年5月には東京証券取引所への予備申請までこぎ着けた。しかし、サーベラスとの資本業務提携が「特定株主に有利な契約は申請前に解消されている原則」(東証)と上場審査のネックとなった。この契約解消をめぐって西武とサーベラスの関係がぎくしゃくし始める。

次ページ中途半端なTOB
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT